初心者でも育てやすい簡単で寿命の長い観葉植物

初心者でも育てやすい簡単で寿命の長い観葉植物

初心者でも育てやすい簡単で寿命の長い観葉植物

 

室内にグリーンが欲しくて観葉植物を育ててみたいけど、経験がないから枯らしてしまうんじゃないかな・・世話を続けられないんじゃないかな・・と不安で手を出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

 

その植物の育て方や特性が分からない状態で手を出してしまい、すぐに枯らしてしまうことも多々あるかと思います。

 

多年草や低木の観葉植物であれば、環境が合って適切な栽培をしていれば、寿命は長く何十年も生きてくれますが、栽培が難しめの植物だと、せっかく世話をしてもうまく環境が合わず1年で枯れてしまうこともよくあります。

 

今回は、初心者の方でも安心して育てられるような、手入れが簡単で寿命も何年も長持ちしてくれる植物をご紹介します。

こんな環境でよく生きれるな、と驚くほどの生命力を持つ観葉植物も多々ありますので、最初に育て始めてみる観葉植物として是非参考にされてくださいね。

 

初心者でも育てやすいおすすめの強い観葉植物

初心者の方でも育てやすい丈夫な観葉植物で、かつ大きくなりすぎないような観葉植物を紹介します。

 

育てやすくて手入れが簡単なグリーン①:ポトス(オウゴンカズラ)

観葉植物_ポトス_1

分類 サトイモ科 / ハブカズラ属(エピプレムヌム属) 耐陰性 ★★★★☆ やや強い
原産地 ソロモン諸島 土の乾燥 ★★★☆☆ 普通
形態 多年草(つる性着生植物) 土の湿潤 ★★★★★ 強い 
大きさ 10~150cm 耐寒性 ★★☆☆☆ やや弱い 冬は室内管理で5度以上
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

丸みを帯びた可愛い葉を持つポトスは、丈夫な観葉植物として有名です。つるを伸ばして増えていくので、鉢をつって、つるを下に伸ばしたり、棒をたててつるを登坂させたりなど、色々な育て方が楽しめます。飾り方や鉢を工夫することで、洋風でオシャレな雰囲気にしたり、ジャングルの雰囲気を出したりなど使い分けができます。

 

最も一般的なポトスは「ゴールデン・ポトス」という品種です。葉に黄色い斑が入るタイプで、最も丈夫です。ほかにも、葉全体がライトグリーンな「ライム」や白い班が入る「ポトス・エンジョイ」など様々な品種があります。品種によってはゴールデンポトスのように丈夫でないものもありますので注意が必要です。

 

普段目にする葉は幼葉で、成株になると下の写真のように、大きくて切れ込みが入った立派な葉になります。鉢を吊り下げる育て方をすると幼葉の大きさのままですが、ヘゴなどに登坂させて育てると葉が大きくなりやすいです。

耐陰性が強く、やや暗めの室内でも育てることができます。熱帯原産でやや寒さに弱いため、冬は室内で育てます。その他は丈夫で神経質になる必要はありません。水やりも土の表面が乾いてから与えたら十分です。

5~8月に挿し芽で増やせます。

 

育てやすくて手入れが簡単な植物②:サンセベリア(サンスベリア)

観葉植物_尺鉢_サンセベリア_1

分類 キジカクシ科 / チトセラン属(サンセベリア属) 耐陰性 ★★☆☆☆ やや弱い
原産地 アフリカ、南アジアの乾燥地 土の乾燥 ★★★★★ 強い
形態 多年草 土の湿潤 ★★☆☆☆ やや弱い
大きさ 10~100cm 耐寒性 ★☆☆☆☆ 弱い 冬は室内管理で10度以上
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

葉が多肉質で、葉が緑色単色や横縞模様など様々な品種があります。マイナスイオンを発生するということで一時期脚光を浴びました。独特の太く長い葉と葉の模様は、インテリアに取り入れることで他の観葉植物とは違う、エキゾチックな雰囲気を生み出せます。

葉の長さ太さ、模様が異なる品種がいくつかありますので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶのも楽しいです。

 

耐陰性もありますが、日光を好みますのでできるだけ日当たりのよい場所に置きましょう。乾燥を好むので乾かし気味に管理しましょう。

5月~8月にかけ、株分けや葉挿しで増やせます。

 

育てやすくて手入れが簡単な観葉植物③:オーガスタ

観葉植物_尺鉢_オーガスタ_1

分類 バショウ科ストレリチア属 耐陰性 ★★☆☆☆ やや弱い
原産地 マダガスカル 土の乾燥 ★★★★★ 強い
形態 多年草 土の湿潤 ★★☆☆☆ やや弱い
大きさ 60~180cm 耐寒性 ★☆☆☆☆ 弱い 冬は室内管理で10度以上
難易度 ★★☆☆☆ やや易しい 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

南国リゾート風なシルエットでトロピカルな雰囲気を演出できます。バナナと同じバショウ科の観葉植物で、原産地では4~10mにもなります。

 

耐陰性はやや弱いので、日当たりの良い室内に置きましょう。春~秋は屋外に置いてもいいですが、耐寒性は弱いので冬は室内で管理しましょう。

 

乾燥に強く湿潤にやや弱いので、水の与えすぎには注意してください。

また、2~3日に1回、大きな葉へ霧吹きをする、葉水を行いましょう。特に乾燥しやすい冬は毎日行うことをお勧めします。葉水を行うことで、乾燥や害虫を防げます。

根元に子株ができたら、株分けすることで増やせます。

 

育てやすくて手入れが簡単な観葉植物④:モンステラ

観葉植物_8寸_モンステラ_1

分類 サトイモ科 / ホウライショウ属(モンステラ属) 耐陰性 ★★★★☆ やや強い
原産地 アフリカ 土の乾燥 ★★★☆☆ 普通
形態 多年草(常緑株立ち・つる植物) 土の湿潤 ★★★☆☆ 普通 
大きさ 15~180cm 耐寒性 ★★★☆☆ 普通 暖地では屋外越冬可能
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

モンステラの魅力は、独特な形の大きな葉です。大きな葉で切れ込みが入った姿はまさにジャングルを連想させます。サトイモ科特有の大きな葉を生え重ねながら、茎を上に成長させていきます。湿度が高いと茎から気根という根を出します。そのままにしてエキゾチックな雰囲気にしてもよいですし、気根を切ってしまっても構いません。飾り方によって、南国のトロピカルな雰囲気にもできますし、鬱蒼としたジャングルの雰囲気にもできます。

 

モンステラにもいくつか品種があり、斑入りの品種や、小型葉でつる性のヒメモンステラといった品種もあります。モンステラの仲間で葉の形が違う、マドカズラといった品種もあります。

耐陰性がやや強いのである程度暗い室内でも育つことができます。

5~9月、挿し芽をすることで増やせます。葉を2~3枚つけた茎の先端を切り取り土に挿します。

 

育てやすくて手入れが簡単な観葉植物⑤:テーブルヤシ

観葉植物_テーブルヤシ_1

分類 ヤシ科カマエドレア属 耐陰性 ★★★★★ 強い
原産地 中南米 土の乾燥 ★★★★★ 強い
形態 多年草(常緑株立ち) 土の湿潤 ★★★★★ 強い 
大きさ 10~100cm 耐寒性 ★★☆☆☆ やや弱い 冬は室内管理で5度以上
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

テーブルヤシは幹を作らず、葉のみで株立ちするタイプのヤシで、非常に丈夫です。ヤシ独特の切れ長の葉が連なった姿は、手軽に室内を南国風にアレンジしてくれます。また、テーブルヤシというだけあり他のヤシのように大きくなりませんので、室内で簡単に管理し続けることができます。

 

耐寒性がやや弱く、冬は室内で管理する必要がありますが、他の性質は強く、簡単に育てることができます。耐陰性が強く、暗い室内でも育ってくれます。さらに土の乾湿にも強いので、土の表面が乾いてから水を与えれば十分です。成長速度が遅いため、管理しやすく、形を崩しにくいという長所もあります。子株を小さい鉢に植えても、長期間かわいい姿を維持してくれます。

株分けで増やすことができます。

 

育てやすくて手入れが簡単な観葉植物⑥:オリヅルラン

ニューサイラン

分類 キジカクシ科 / オリヅルラン属(クロロフィツム属) 耐陰性 ★★★★★ 強い
原産地 アフリカやアジアの熱帯 土の乾燥 ★★★★★ 強い
形態 多年草 土の湿潤 ★★★★★ 強い 
大きさ 10~30cm 耐寒性 ★★★☆☆ 普通 暖地では屋外越冬可能
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

ライトグリーンにホワイトラインが入った細い葉が爽やかなオリヅルランも非常に丈夫な観葉植物として有名です。品種がいくつかあり、葉の幅が広いものや、ホワイトラインが入らないすべてグリーンのものなどがあります。小さくて可愛い状態を維持できますので、室内のワンポイントとしてピッタリです。

耐陰性があり、ある程度暗い室内でも育ちます。また、土の乾湿にも強いです。耐寒性もあり、寒冷地でなければ屋外でも越冬できます。ある程度、株が大きくなるとランナーというつるを良く伸ばします。このランナーの先から子株が出てきますので、増やすのも簡単です。

 

手入れが簡単で寿命も長持ちしやすい植物

 

初心者の方でも手入れが簡単な観葉植物の中でも、自生地では百年以上生きて大木になるような、特に寿命が長い植物をご紹介します。

初心者でもなかなか枯れない植物①:パキラ

撮影植物_パキラ

分類 パンヤ科パキラ属 耐陰性 ★★★☆☆ 普通
原産地 中南米 土の乾燥 ★★★★☆ やや強い
形態 常緑樹 土の湿潤 ★★★★☆ やや強い
大きさ 20~200cm 耐寒性 ★★☆☆☆ やや弱い 冬は室内管理5度以上
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

観葉植物の定番、パキラです。掌状になる細長い葉は爽やかなグリーンで、常緑でありながら涼しげです。アジアンリゾートの雰囲気やジャングルのエキゾチックな雰囲気を醸し出してくれます。どんな雰囲気の部屋にもマッチしてくれますよね。デザイン性が優れていて、かつ丈夫で育てやすいので、初心者に嬉しい観葉植物です。

原生地では樹齢100年以上のパキラも自生していて20mにもなる高木です。

パキラには、よく知られている種類として2種類あります。比較的乾燥した地に生える「グラブラ」と水辺に生える「アクアティカ」です。日本で流通しているものはほぼ「グラブラ」で、誤って「アクアティカ」と表記されいるものが多いです。アクアティカはネットで種や苗を購入することができます。葉の様子が少し違いますので、アクアティカを取寄せて育てても面白いですよ。

パキラは大きく育ててエキゾチックにしてもいいですが、小さく維持しても可愛いですね。

 

置き場所は、日当たりのよい場所に置きましょう。ある程度耐陰性もありますが、暗い場所に長期間置くと調子を崩し葉が落ちてしまいます。

 

水やりは、乾燥にも湿潤にもある程度強いので、土の表面が乾いたら与えれば十分です。

5~9月頃、挿し木をすることで増やせます。

 

初心者でもなかなか枯れない植物②:ドラセナ

観葉植物_尺鉢_マッサンゲアナ_1

分類 キジカクシ科(リュウケツジュ科)ドラセナ属(リュウケツジュ属) 耐陰性 ★★★★☆ やや強い
原産地 アフリカ、アジアの熱帯 土の乾燥 ★★★★★ 強い
形態 常緑樹 土の湿潤 ★★★★★ 強い
大きさ 15~200cm 耐寒性 ★★★☆☆ 普通 暖地では屋外越冬可能
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

ドラセナの仲間は種類が多く、観葉植物として育てられているものだけでも50種類以上あります。原産地では、幹を傷つけると赤い樹液を出すことから「竜血樹(リュウケツジュ)」とよばれ、寒暖の差が激しく乾燥した過酷な環境で生き抜いていて、樹齢数百年のものもたくさん自生しています。その丈夫な特性が園芸種にも受け継がれています。

 

特に丈夫でよく知られているものには、サンデリアナ(ミリオンバンブー)、コンシンネ、マッサンゲアナ(幸福の木)、ワーネッキー、コンパクタなどがあり、それぞれで葉の様子やシルエットが異なりますので、部屋の雰囲気に合わせて品種を選ぶ楽しさもあります。

 

耐陰性、耐寒性ともにかなり強いので置き場所を選びません。暗い室内でも長期間耐えてくれます。他の観葉植物が枯れてしまうような環境でも、ドラセナだけは生き残るということがよくあります。ただし、品種によっては耐寒性が弱い品種もありますので注意しましょう。

 

水やりについても、土の乾燥・湿潤ともに強いので神経質になる必要はなく、土の表面が乾いたらたっぷり与えるようにしましょう。

4~9月にかけ挿し木で増やすことができます。

 

初心者でもなかなか枯れない植物③:ユッカ

ユッカ_観葉植物設置事例

分類 キジカクシ科 (リュウゼツラン科)イトラン属(ユッカ属) 耐陰性 ★★★★☆ やや強い
原産地 北~中央アメリカ大陸 土の乾燥 ★★★★★ 強い
形態 常緑樹 土の湿潤 ★★★☆☆ 普通
大きさ 30~200cm 耐寒性 ★★★☆☆ 普通 暖地では屋外越冬可能
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

「青年の木」とも呼ばれる観葉植物で、ピンと上に伸びた幅のある青々した葉からは、強い生命力を感じます。男性へ送られるプレゼントとして人気です。近縁であるドラセナと同様、かなり丈夫で、原産地では砂漠の過酷な環境で、樹齢百年以上のユッカが自生しています。

 

耐陰性は強いのである程度暗めの室内でも育ってくれます。私も育てていますが、パキラが枯れてしまうような暗い室内でも、ユッカだけは平気で育ってくれました。

 

水やりについても、乾燥に強いので神経質になる必要はありませんが、ドラセナほどは土の湿潤に強くないので、水のやりすぎには注意しましょう。

ドラセナと同様、4~9月にかけ、茎を切断し土に挿すことで増やせます。

 

初心者でもなかなか枯れない植物④:シェフレラ(カポック)

観葉植物_尺鉢_シェフレラ朴_1

分類 ウコギ科 / フカノキ属(シェフレラ属) 耐陰性 ★★★★☆ やや強い
原産地 中国南部、台湾 土の乾燥 ★★★★★ 強い
形態 常緑樹 土の湿潤 ★★★☆☆ 普通
大きさ 20~200cm 耐寒性 ★★★☆☆ 普通 暖地では屋外越冬可能
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

掌状に広がる、丸みを帯びた可愛い葉が特徴の観葉植物です。品種がいくつかありますが、一番有名なものは「ホンコンカポック」という品種です。暖地では屋外でもよく目にする、おなじみの木ですね。他にも斑入りのものや葉がとがっているものなどバリエーションがあります。

シェフレラも原産地では樹齢100年以上の大木になる、寿命が長い木なんです。

 

丈夫で成長が早いです。耐陰性も強いので、ある程度暗い室内でも育ってくれます。

水やりも神経質になる必要はなく、土の表面が乾いてから与えるようにします。

5~9月にかけ、挿し木で増やすことができます。

 

初心者でもなかなか枯れない植物⑤:ガジュマル

ガジュマル

観葉植物(ガジュマル)

分類 クワ科フィカス属 耐陰性 ★★★☆☆ 普通
原産地 沖縄・東南アジア・ミクロネシア・オーストラリア 土の乾燥 ★★☆☆☆ やや弱い
形態 常緑樹 土の湿潤 ★★★★★ 強い
大きさ 20cm~200cm 耐寒性 ★★☆☆☆ やや弱い 冬は室内管理で5度以上
難易度 ★☆☆☆☆ 簡単 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

沖縄ではキジムナーという火の精霊が宿ると言われている大木で、幹の途中から気根という根が発生し、独特なシルエットになります。鉢植えでも気根を利用した育て方をすることが多く、太い根が足のようになるシルエットは、どこか神秘を感じる観葉植物です。自生地では次の写真のような姿で、数百年も生きています。アンコールワットで建物に絡みついている木は、ガジュマルです。

気根を何本も伸ばすように育てて、神秘的な姿に仕立てるのも楽しいですよ。

 

ある程度耐陰性もありますが、元来日光を好むので日光が差し込む場所に置いてください。暗い場所に置き続けると、葉が変色し落ちてしまう原因になります。水を好むので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

5~9月にかけて、挿し木で増やすことができます。

 

初心者でもなかなか枯れない植物⑥:インドゴムノキ

ロブスタ朴_尺鉢_八丈島小宮山

分類 クワ科フィカス属 耐陰性 ★★★☆☆ 普通
原産地 インド~東南アジア 土の乾燥 ★★★★☆ やや強い
形態 常緑樹 土の湿潤 ★★★☆☆ 普通
大きさ 10cm~200cm 耐寒性 ★★☆☆☆ やや弱い 冬は室内管理で5度以上
難易度 ★★☆☆☆ やや易しい 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

大きくて厚い葉が特徴の、通称「ゴムの木」と呼ばれている観葉植物です。原産地では白い樹液から天然ゴムが作られています。観葉植物としても古くから利用されていて、大きくて重厚感がある葉は、他の観葉植物にはない存在感があります。斑入りや葉の色が濃くダークグリーンになるものなどいくつかの品種ので、部屋の雰囲気に合わせて選びましょう。

自生地では10mを超える大木に育つような寿命の長い木なので、大きく育てると、大きい独特の葉が南国風な雰囲気を醸し出してくれます。

 

耐陰性はありますが、暗い場所に置き続けると徒長して弱っていきますので、日当たりの良い室内の置きましょう。春~秋は屋外でも可能ですが、耐寒性がやや弱いので冬は室内管理します。

 

乾燥にはある程度強いです。大きな葉に対し、2~3日に1回、霧吹き(葉水)を行いましょう。乾燥、害虫を防げます。

5~9月にかけ、挿し木で簡単に増やすことができます。

 

初心者でもなかなか枯れない植物⑦:フィカス・ウンベラータ

観葉植物_尺鉢_ウンベラータ_1

分類 クワ科フィカス属 耐陰性 ★★★☆☆ 普通
原産地 熱帯アフリカ 土の乾燥 ★★★★☆ やや強い
形態 常緑樹 土の湿潤 ★★★☆☆ 普通
大きさ 30cm~200cm 耐寒性 ★★☆☆☆ やや弱い 冬は室内管理で5度以上
難易度 ★★☆☆☆ やや易しい 耐暑性 ★★★★★ 強い

 

インドゴムノキやガジュマル、ベンジャミンなどと同じ、クワ科フィカス属の観葉植物です。

大きいですが厚くなく、軽やかでさわやかなカラーの葉は、インドゴムノキとはまた違った、ジャングルのような雰囲気を演出できます。丈夫で手軽に爽やかなグリーンを取り込めるため、人気の観葉植物です。

ウンベラータも自生地では樹齢100年以上の大木になります。

湿度が高いとガジュマルと同様、幹の途中から気根を出し、ジャングルのようないい雰囲気を醸し出してくれます。

 

耐陰性はありますが暗い部屋に置き続けると葉や株が弱っていきますので、明るい室内に置きましょう。また、耐寒性がやや弱いため、冬は室内管理します。

インドゴムノキと同様に、5~9月にかけ挿し木で簡単に増やせます。

 

たくさんの観葉植物のなかでも、特に丈夫で育てやすい観葉植物をご紹介しました。

日当たりと水やりはある程度気を付ける必要がありますが、時間がなかなかなくてある程度放置していても、枯れることがなく丈夫に生きてくれます。

 

私もたくさん育てていますが、今回紹介した観葉植物は過酷な環境でもたくましく育っていて、その

生命力には驚かされます。

100均にも子株がよく売られていて、手軽に入手可能です。丈夫な植物なので気軽に育て始めることができます。土ではなく小石やソイルなどを使用した衛生的なハイドロカルチャーで栽培するなど、飾りかたを工夫するのも楽しいですよね。

 

初心者の方でも失敗しにくく、寿命が長く何十年も生きてくれますので、ぜひ可愛がって育ててみてくださいね。

 

About the Author

masafumi.nishizawa administrator

Comments Are Closed!!!