胡蝶蘭・観葉植物の処分・廃棄・引取り

  • 「冬の寒さに耐えられず観葉植物が枯れてしまった」、「観葉植物を引き取って欲しいのだけれど、どうすればいいの?」、「贈答、移転祝い、開業祝いで胡蝶蘭・観葉植物もらったのだけどどう廃棄すればいいの?」、「胡蝶蘭・観葉植物の処分が面倒くさい」、といったご依頼やご相談へGOODGREENにも数多く寄せられます。。
  • 「開業祝い・移転祝い・祝い花などいただいたけど処分するのはちょっと気がひけるな」このように植物が弱っているのにもかかわらず観葉植物や胡蝶蘭を放置している方も多いようですが、たしかにいただきものを処分するのは気が引けます、枯れていたり、弱っている植物を置いておくのも来客者や従業員への印象も悪いです。それだったらいっそのこと処分したり、置いていた場所に新しく植物を導入したほうが、気持ちも雰囲気もリフレッシュされるかもしれません。
  • グリーンレンタルの『GOODGREEN』ではレンタル・リース・販売以外に廃棄・処分・引き取りも行っておりますので、お気軽にお声がけ下さい。グリーンレンタルに関する質問

『胡蝶蘭・観葉植物の処分・廃棄・引取りのまとめ

  1. 観葉植物の処分方法・廃棄費用
  2. 胡蝶蘭・祝い花など贈答やギフトでもらった植物の廃棄方法と処分コスト

1.観葉植物の処分方法・観葉植物の廃棄費用

  • 観葉植物の処分方法
    • 自分で捨てる際にはまず、植物・土・鉢の3つにわける必要があります。
    • 植物の処分方法 土を完全に排除した植物は燃えるゴミに捨てることが可能です。ただし、小さく切り分ける必要があります。小さく切り分けた後に燃えるゴミにいれて処分してください。
      土の廃棄方法 樹木から完全に土を取り除いたらその土は自治体により処分方法が違います。「同じ土だから公園に捨てればいいのでは?」と思っている人は要注意です。自治体によっては土を捨てた場合は不法投棄となります。やっかいなことに観葉植物の土は特殊で畑の植物とは合わないことも多々ありますので同じ土に見えて全然違うことがあるので土のあるところにとりあえず捨てるのはやめましょう。居住している自治体に問い合わせるのが一番です。ちなみにGOODGREENのある江戸川区では「回収していないです。販売会社に問い合わせてください」と記述されています。
      鉢の引取りについて 不燃ごみとなります。しかし鉢も自治体により規定サイズが存在して「~cmからは粗大ゴミとなります。」などと書いてあります。ちなみに江戸川区では、「一辺30センチメートル未満の場合は燃やさないごみ」、「一辺30センチメートル以上の場合は粗大ゴミ」とされています。
    • ただ、自分で大型のグリーンを捨てるとなると時間も体力も奪われる作業が待っています。「もっとラクして捨てられないかな」という方には観葉植物を有料で廃棄してもらう方法もおすすめです。
  • 観葉植物の廃棄コスト
    • 観葉植物を廃棄してもらう業者にお願いした場合は相場としては大きい鉢(1.2m~1.9m)で約2000円前後、プラス交通費となります。
      • 移転祝いや開店祝いでいただく観葉植物の量は大きいオフィスに移転すればするほど大量の植物が届くはずです。もし10鉢お願いする場合は20000円~程度と高額になります。
    • なお、GOODGREENでは観葉植物の廃棄が「無料」※1で回収が可能ですのでぜひお困りの方はご相談ください
      • ※1 レンタル植物を導入していただいた鉢数に応じて無料で引き取らせていただいています。導入しなくても相場よりお安く引き取ることが可能なのでぜひご相談ください。

2.胡蝶蘭・祝い花など贈答やギフトでもらった植物の廃棄方法と処分コスト

  • 胡蝶蘭・祝い花の処分方法
    • 胡蝶蘭の処分についても観葉植物の処分と同様でまず分解する必要があります。分け方としては「茎・株・ラッピング・テープ」「支柱」「鉢」です。ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、胡蝶蘭のほうが細かくて面倒くさいのです。よく移転祝い、開店祝いなどでもらうので手の込んだもので大事なのはわかるのですが、その分複雑に支柱などが絡み合っていて観葉植物の処分で挫折した人にはオススメしないですが詳細を説明します。
    • 茎・株・ラッピング・テープの処分方法 まずは鉢の周りについてあるラッピングとテープを切ってください。そして、中から茎と株を抜きます。その抜いた茎は細かく切って下さい。抜いた株の周りにポリポットと呼ばれるプラスチックのものがハマっているのでそれも外してください。そうしたらラッピング・テープ・茎・株は燃えるゴミに捨ててください。第一段階はこれで終了です。
      支柱の廃棄方法 実は先程の茎の部分には支柱が取り付けられているのです。第一段階はこの部分を省いたので簡単!と思った人もいると思いますが胡蝶蘭の解体でこの作業が一番面倒です。支柱も茎から引き剥がしてください。支柱はワイヤーで付いている事が多くワイヤーのみを外して不燃ごみに捨ててください。支柱も不燃ごみへ捨ててください。この作業を複数回繰り返します。
      鉢の引取りについて 鉢は陶器のことがほとんどで観葉植物の処分でもお伝えしたとおり燃えないゴミへ捨ててください。こちらも各自治体に問い合わせてどのサイズが燃えないゴミなのかなど確認してから捨ててください。
  • 胡蝶蘭の処分費用
    • 胡蝶蘭の回収金額の相場は約1500円前後、プラス交通費となります。胡蝶蘭の場合も観葉植物の回収と同じく、配送費が高額になることが多く、数鉢の回収であれば配送費の方が植物の廃棄コストよりも高くなってしまうようです。

 観葉植物も胡蝶蘭も処分・廃棄には労力と時間がかかります。自分でやろうものなら面倒くさいですし1日の労働時間の半分は取られるのはないでしょうか。枯れていたり、弱っている植物を置いておくのも来客者から見れば悪い印象を与えかねません。現在置いている観葉植物・胡蝶蘭の調子が悪いなと感じている人はぜひグリーンレンタルのGOOD GREENまでご相談ください。観葉植物の置く場所や雰囲気からオススメの観葉植物をご提案させていただきます。