イベント向け観葉植物のレンタル・リース

  • 展示会向けにレンタルグリーンを使う場合、一般的な観葉植物のレンタル・リースとは異なり数日間に限定して短期のスポットレンタルとなる場合が多いのですが、最近は緑に関する人々の関心が高まってきているためか、積極的にグリーンを展示会などで演出として室内中心に設置されることが増えてきています。ここではグリーンレンタルの専門店『GOODGREEN』が展示会などのイベント向けに観葉植物・植木を活用する上で、人気の植物や活用方法、そして手入れのポイントなどを解説致します。
  1. イベント向けで利用する観葉植物
  2. イベント向けに観葉植物・植木を活用する方法
  3. 観葉植物をイベント向けにレンタル・リースするときのポイント

お問合せ


1.イベント向けで利用する観葉植物イベントのレンタル観葉植物_1_ベンガレンシス

  • イベント向けに人気の観葉植物
    • 展示会などのイベントでは室内が中心となりますが、短期のスポットレンタルの場合は寒さにさえ気をつければ比較的様々な観葉植物が使えることが多いです。
    • 傾向としては個人宅などで好まれるゴムの木などはやや珍しく、それよりもアレカヤシやアテヌアータなどの樹形にインパクトがあって演出力の高い観葉植物が用いられることが多いようです。
    • イベントの場合、植物だけでなく、鉢カバーなどのプランター装飾にもこだわるケースが一般的です。
  • 観葉植物をイベント向けに活用するメリット
    • イベントの内容によって観葉植物を利用する背景や目的も異なるとは思いますが、雰囲気づくりのための演出としてイメージに合った観葉植物を利用することで設置場所に自然の優しさやリラックス効果が生まれることがあります。こうした効果は飲食関連のイベントなどで効果が大きいでしょう。
    • 他にも、優雅な樹形をしていたりインパクトのあるサイズ感の植物を加えることで場の雰囲気を立派に見せることも可能なため、撮影などが行われる場合は背景の一部分としても活用することが出来ます。
    • 搬入搬出までを自社で行うと、高さのあるトラックが必要になったりと、何かと大変なため一括して任せられるレンタルのメリットが大きいといえます。
    • また、一般的なホームセンターなどでは観葉植物の種類が豊富でないため、近くのフラワーショップや花屋で購入しようとすると、非常に高くなってしまうケースがほとんどです。

2.イベント向けに観葉植物・植木を活用する方法イベントのレンタル観葉植物_2_ゴールドクレスト

  • イベント向けで観葉植物がよく置かれるケース
    • 観葉植物・植木がイベント用として頻繁に使われるケース・シチュエーションとしては各種展示会や発表会などのイベントの中でも、飲食イベントやアパレル系のイベントが多いようです
  • イベント向けで観葉植物を使う際のポイント
    • 短期間(数日間)のスポットレンタルであれば水やりや害虫・病気が問題になることはほとんどありません。ただし、東京でも冬の寒い時期に屋外に耐寒性のない植物を設置してしまったり、空調の真下などに観葉植物があると、すぐに傷んでしまって交換やメンテナンスが必要となることもあります。また、真っ暗な場所ですと一部の対陰性のない植物は弱ってしまいますので、グリーンの特徴をつかんで適切な品種を選びましょう。
  • グリーンの手入れをするときのコツ
    • グリーンレンタルのサービスでは基本的に設置に加えてメンテナンスや交換が含まれていますが、短期のスポットレンタルの場合ならば手入れが問題となることはあまりないでしょう。ただし、短期間のレンタルの場合で納期や撤収タイミングが柔軟に変更出来ない場合は料金が割高になることが多いようです。
料金・プラン 商品・サービス お問合せ

3.観葉植物をイベント向けにレンタル・リースするときのポイント

  • 観葉植物のレンタル・リースに使用される一般的なコスト(イベント向けの場合)
    • イベント向けグリーンレンタルの場合は利用される観葉植物や鉢カバーの量がまちまちで、また利用期間も大きく異なるため、一般的なコストというものは把握されていません。一般的には2~3万円からとなる場合が多いでしょう。
    • GOODGREENはデザインと品質を考慮したベストな観葉植物をお求めやすい料金・プランで提供しております。
  • イベント向けにグリーンをレンタル・リースするときの注意点
    • イベント向けに観葉植物をレンタル・リースする場合は、そもそもそういった短期間のスポットレンタルに対応しているかどうかを確認する必要がありますが、納品や撤収のタイミングにあわせて設置・交換が出来るかどうかをサービス担当者としっかり話し合っておく必要があるでしょう。特に東京以外のスポットレンタルですと、対応しているサービスが少ないことが予想されます。料金・プラン