ショールームの観葉植物レンタル・リース

  • ショールーム等では展示している商品や空間を引き立てるためにインテリアや観葉植物や人工樹木が利用されるケースが多くみられます。ここではショールーム等にグリーンを使う際のポイント、植物を管理する際の注意点などに注目した観葉植物活用のポイントをGOODGREENが解説いたします。ショールームやモデルハウス等で観葉植物をご利用の際にはぜひ参考にして下さい。
  1. ショールーム等で利用する観葉植物
  2. 観葉植物をショールーム等で活用するときのポイント
  3. 観葉植物をショールーム等用にレンタル・リースするときのポイント

1.ショールーム等で利用する観葉植物ショールームの観葉植物_1

  • ショールーム等で人気の観葉植物
    • ショールーム等で利用される代表的な観葉植物は、大型サイズで存在感のある優雅な植物(アレカヤシ、オーガスタ、サンセベリアなど)や、安定感とインパクトを兼ね備えたグリーン(パキラ、ユッカ、フィカス類など)が人気です。
    • 店舗によっては、これらに加えて植木を屋外に利用したり、壁面緑化や光触媒の効果を持つ人工樹木、時期によっては門松やクリスマスツリーを利用するケースもあるようです。
    • ショールーム等の場合は十分な日光が確保できるスペースも多く、比較的様々な植物をおけるケースが多いようですが、空調施設の周りなどは乾燥しやすいので注意しましょう。
  • ショールーム等で観葉植物を置くメリット
    • ショールーム等で植物を活用している理由は、展示・販売している商品を際立たせたり、商談のためのスペースをより魅力的で安心感のある空間にデザインするため、といった声が多いようです。空気清浄効果やリラックス効果(勤務しているスタッフのストレス軽減効果)っを目的として用いる場合もあります。
  • ショールーム等で観葉植物がよく置かれる場所
    • 観葉植物のショールーム等における設置事例は、受付や展示品の周辺がメインとなってきます。ショールームの他にも、スタジオやホールなどで活用される事例がみられます。
料金・プラン 商品・サービス お問合せ

2.ショールーム等で活用するときのポイントショールームの観葉植物_2

  • ショールーム等でグリーンの手入れをするときのコツ
    • グリーンをショールーム等で活用する場合の一般的なポイントは、観葉植物が傷んだり枯れてみっともない姿にならないように定期的なメンテナンスを心がける点でしょう。
    • 植物を枯らしてしまう最大の原因は水やりと言われており、これを怠ると乾燥で枯れてしまう一方、水をやりすぎると酸素が減少して音が窒息することから根腐れが起こってしまいます。
    • そこで、季節に応じた水やりと、葉水の活用が大事です。加えて、落ち葉の清掃や病害虫の予防などが必要になります。人工樹木とことなり自然の植物は管理工数が増えるので、観葉植物を購入する場合は担当者に管理方法をしっかりと確認しておきましょう。
  • ショールーム等における観葉植物の利用方法(レンタル・リース・購入など)
    • 観葉植物や植木をショールーム等で利用する場合、植木屋や花屋を利用するか、グリーンレンタル店を使うケースが多いようです。
      • ショールーム等でよく使われる大鉢の観葉植物(2メートル前後のビッグサイズ)だと概ね1~2万円を想定していれば問題ないでしょう(これに鉢カバーや装飾品などの費用が別途かかります)。
料金・プラン 商品・サービス お問合せ

3.観葉植物をショールーム等用にレンタル・リースするときのポイント

  • 観葉植物に使用される一般的なコスト(ショールーム等の場合)
    • ショールーム等の観葉植物レンタルに使用される際のコストは店舗の広さや、どのような鉢カバーを使うかで異なってきますが、小規模な施設ですと中鉢・大鉢4鉢~6鉢程度で月額6,000~15,000円程度でしょう。やや大きめの施設の場合は7鉢~12鉢程度で月額18,000円~30,000円が目安となります。
    • GOODGREENはデザインと品質を考慮したベストな観葉植物をお求めやすい料金・プランで提供しております。
  • ショールーム等でグリーンをレンタル・リースするときの注意点
    • ショールームでは毎日のように来客があることや、展示品等を引き立てるためにグリーンが重要な役割を果たす以上、枯れたり傷んだ場合はネガティブな雰囲気を出さないように早急に対応する必要があります。これらをリーズナブルな価格で提供するサービスを選択することが重要といえます。
料金・プラン 商品・サービス お問合せ