オリーブ|元気な観葉植物を育てるポイント

観葉植物レンタルのGOOD GREENがお届けする観葉植物の育て方情報です。是非、植物を育てる際は参考にして下さい。

オリーブのポイント

  • 耐寒性がかなり強く-3~0度まで耐えられる
  • 対陰性はなく、庭植えの植えつけ、鉢植えとも日光が十分に当たる場所が良い
  • 比較的乾燥気味の状態を好み、水をやりすぎると生育が防止されるので注意する
  • オリーブは根が浅く強い風によって根ごと倒される場合があるので注意する(他方、根が浅いので庭植えも鉢植えも生育に差がでないという長所もある)
  • オリーブの実を成らせるのは難しく、隣に別の種類のオリーブを並べるとよい
  • 病害虫、寒さ、乾燥、根腐れに強い丈夫な植物
  • テラコッタ鉢を使った寄せ植えが定番

オリーブの特徴・育て方のコツ

名称 科名 モクセイ科
属名 オリーブ属( オレア属)
一般名称 オリーブ
別名 カイエンナッツ
学名 Olea europaea
 オススメ度 入手難易度 簡単~普通
栽培難易度 簡単
植物の特徴 耐寒性
  • 耐寒性がかなり強く-3~0度まで耐えられる
  • 寒さに晒さないと花がつかないので、その場合は戸外管理が必須となる
  • 一時的には-10度位まで耐えるともいわれている
耐暑性
  • 強い
対陰性
  • 弱い
育て方 好ましい日光の量
  • 日なたを好む植物で夏でも直射光でよい
  • 庭植えの植えつけ、鉢植えとも日光が十分に当たる場所が良い
水やり・葉水
  • 比較的乾燥気味の状態を好み、水をやりすぎると生育が防止されるので注意する
  • 極端な乾燥は苦手で、冬に水やりを長期間忘れていると枯れないまでも花や実が少なくなる
肥料
  • 開花促進のために花が咲く時期に薄めた液肥を使っても良い
病気・害虫・その他
  • 炭そ病、梢枯病に注意する
  • 梢枯病は梅雨どきを中心に発生しやすい、炭そ病菌に引き起こされる病気で、新しい枝の先端が枯死する
  • オリーブアナアキゾウムシが発生すると成虫が木に卵を産みつけ枝や幹の内部を食い荒らしてしまう
  • ハマキムシが発生すると葉を食べてしまう
植付け・植替え
  • 植え替えの目的は、根詰まりを防いて通気をよくしたり、より大きく成長させることが目的になるが、通常2~3年に1回程度行う
  • オリーブは根が浅く強い風によって根ごと倒される場合があるので注意する(他方、根が浅いので庭植えも鉢植えも生育に差がでないという長所もある)
  • オリーブの実を成らせるのは難しく、隣に別の種類のオリーブを並べるとよい
  • 幹が細い場合は支柱を立てたりする
  • 植え込みにする場合は、用土はオリーブ専用土が安上がりとなる
  • オリーブの根は地表近いため、上に色々とかぶせると呼吸が困難になるため、根元はバークチップ程度の利用にとどめておく(逆に、根が見えてしまっている場合は隠してあげたほうがよい)
備考
  • 病害虫、寒さ、乾燥、根腐れに強い丈夫な植物
  • 実が大きいと含油率が低く塩漬けに向いていて、実が小さいとバージンオイルに向いているとされる
  • テラコッタ鉢を使った寄せ植えが定番
  • 日本でよく植えられているのは、マンザニロ、ネバディロ・ブランコ、ミッション、ルッカの4品種
その他