アラレア|元気な観葉植物を育てるポイント

観葉植物レンタルのGOOD GREENがお届けする観葉植物の育て方情報です。是非、植物を育てる際は参考にして下さい。

アラレアのポイント

アラレア

出典:https://jp.pinterest.com/

  • 寒さには強い植物のため5度程度までの環境に耐えられる
  • 温度変化が激しいと葉が落ちるため急に場所を変えない
  • 耐陰性が強く、少々の日陰くらいなら枯れることはない
  • 日なたを好む(やや明るい光が最適で、夏の直射光は葉焼けするので避ける)
  • 肥料は少なめで、真夏を除く春から秋にかけて、液体肥料を二週に一回程度、液体肥料を併用する

アラレアの特徴・育て方のコツ

名称 科名 ウコギ科
属名 シェフレラ属(フカノキ属)
一般名称 アラレア
別名 ディジゴセカ、モミジバアラリア、ノコギリヤツデ、孔雀木
学名 Dizygotheca elegantissima
 オススメ度 入手難易度 普通
栽培難易度 普通
植物の特徴 耐寒性
  • 寒さには強いため5度程度までの環境に耐えられる植物で、8度を切ると生育が止まる(土を乾かし気味にすると5℃くらいまで耐える)
  • 高温でやや湿度の高い環境を好む
  • 温度変化が激しいと葉が落ちるため急に場所を変えない(環境には慣れるが、朝晩の温度変化が激しい場所におかないようにする)
耐暑性
  • 強い
対陰性
  • 耐陰性が強く、少々の日陰くらいなら枯れることはない(それでも永続的に日陰に置いておくと枯れる時々は日向に出す)
育て方 好ましい日光の量
  • 日なたを好む(やや明るい光が最適で、夏の直射光は葉焼けするので避ける)
  • 乾燥した風に当たると葉っぱが落ちるので空調の風が直接当たる場所を避けるたほうが良い
水やり・葉水
  • 一般的な観葉植物の水やりと同様(土が乾いたらたっぷりと水をやる)
  • 乾燥に強く水のやりすぎで枯れるケースが多いので乾燥気味に管理したほうが良い
肥料
  • 肥料は少なめで、真夏を除く春から秋にかけて、液体肥料を二週に一回程度、液体肥料を併用するとよい
  • 肥料を与えすぎると葉が過度に茂って見栄えが悪くなる
病気・害虫・その他
  • カイガラムシが発生することがある
  • 葉の寿命は1年くらいだが乾燥や低温が原因で落ちてしまうこともある
  • 下葉が落ちて株全体のバランスが悪くなった場合は仕立て直しを行う
  • よく生育するが、生育するとアラレアの葉が徐々に太くなってしまう
植付け・植替え
  • 根詰まりを起こすと、水切れがおきやすくなったり、下葉から枯れこんでくるので二年に一回は植え替えのため株を鉢から抜いて、土を半分ほど落としてから新しい土で一回り大きな鉢に植え替える(時期は5月前後が適しているが、根詰まりの症状が出ているときはすぐに植え替える)
  • 植え替え時に葉を少し刈り込むと根の負担が減る
  • 枝を切って土にさすと簡単に根が出る
  • 挿し木するものは葉っぱが付いているものを選び、土入る部分は葉を取る
備考
  • アラレア属は別にあり、現在はディジゴセカと呼ぶ
その他