グローカル|元気な観葉植物を育てるポイント

グリーンレンタルのGOOD GREENがお届けする観葉植物の育て方情報です。是非、植物を育てる際は参考にして下さい。

グローカルのポイント

グローカル

出典:https://jp.pinterest.com/

  • 耐寒性がかなり強く0~3度まで耐えられる上に耐陰性もあるので、初心者には極めて育てやすい植物だが、暑さには強くないので注意する
  • 日なたを好む(やや明るい光が最適で、夏の直射光は葉焼けすることもある)
  • 5~9月は一日一回葉の上からたっぷり水をかけ、10~4月は表土が乾いてから更に数日おいて水を与える
  • グローカルと呼ばれるが本名はコルディリネ・ストリクタ・グランディス

グローカルの特徴・育て方のコツ

名称 科名 キジカクシ科(リュウゼツラン科、ユリ科)
属名 センネンボク属(コルジリネ属)
一般名称 グローカル
別名 コルディリネ・グローカル、コルディリネ・ストリクタ・グランディス
学名 Cordyline stricta`Grocal’
 オススメ度 入手難易度 普通
栽培難易度 簡単~普通
植物の特徴 耐寒性
  • 耐寒性がかなり強く0~3度まで耐えられるが霜に当たると傷む(凍らなければ越冬可能)
耐暑性
  • 弱い
対陰性
  • 耐陰性の強い観葉植物
  • 一年中部屋やオフィスの蛍光灯の光で管理できる(なるべく風通しが良い場所が良い)
育て方 好ましい日光の量
  • 日なたを好む(やや明るい光が最適で、夏の直射光は葉焼けすることもある)
  • 日当たりを好み耐寒性があるが、逆に暑さに弱いので夏場の暑い時期は直射日光が当たらない場所で管理する
水やり・葉水
  • 一般的な観葉植物の水やりと同様(土が乾いたらたっぷりと水をやる)
  • 5~9月は一日一回葉の上からたっぷり水をかけ(もしくは表土が乾いた際に水を与え、葉の表面をふく)、10~4月は表土が乾いてから更に数日おいて水を与える(冬季は月に1~2度で十分で、枯れない程度にできるだけ水を与えないのがちょうど良い)
肥料
  • 肥料は5~9月の間に2週間に1回液体肥料を与える(冬は肥料を与える必要はない)
病気・害虫・その他
  • 乾燥するとハダニが発生しやすいので霧吹きなどで葉に水を拭きかける
植付け・植替え
  • 小株は毎年、中~大株は2~3年に1回が目安となる
備考
  • グローカルと呼ばれるが本名はコルディリネ・ストリクタ・グランディス
  • 立葉タイプのストリクタで大変強い観葉で、ドラセナ属よりも寒さに強いので、よく観葉植物を枯らしてしまう人にもお勧めの品種。
その他
  • 観葉植物のレンタル・リースの『GOOD GREEN』ではグローカルのグリーンレンタルも取り扱っております(季節により入荷が困難な時期あり)。まずは、お気軽に御相談・お問い合わせ下さい。