Category Archive:GOODGREEN運営日記

グリーン設置事例紹介:飲食店@西麻布

今日はグリーンレンタル事例としてはちょっと珍しいダイニングバーでの観葉植物設置事例です。

使用植物は寒さと耐陰性を兼ね備えたケンチャヤシ尺鉢と、上品なシルエットをしたコンパクタ、そして空気清浄効果で有名なサンセベリアです。

ブラックな基調のインテリアに濃い緑のグリーンが映えます。

西麻布a-life横なので、興味がある人は覗いてみてくださいませ!

グリーンレンタル事例_飲食店1 グリーンレンタル事例_飲食店2

飲食店での観葉植物のリース・レンタルはGOOD GREENにご相談ください!

JFIトレードフェア 2016秋 in FAJに行ってきました

先日の豊明花きさんのトレードフェアに引き続き、10月15日はFAJ( Flower Auction Japan)さんのJFIトレードフェアに行ってきました。

国内における鉢物の卸売市場取扱量はFAJを筆頭として、豊明花き、鴻巣花き、と続いておりますが、さすがトップを占めているだけあって、会場にも多くの買参人の方、生産者の方や報道関係の方が集まっていました。

起業前に市場調査として多くの生産者の方々を訪問させて頂きましたが、そのときの方々とトレードフェアで再会があったり、なかなか充実した一日になりました。

FAJトレードフェア2016_1 FAJトレードフェア2016_2 FAJトレードフェア2016_3

国際フラワー・ガーデンEXPO(IFEX) に行ってきました

2016年10月国際フラワー・ガーデンEXPO(IFEX) 訪問記

昨日は、リードエグジビジョン様が開く花業界で日本最大の商談展、国際フラワーEXPO(ガーデンEXPO同時開催)を訪問するために幕張まで行ってきました。

いやあ、広いですね。幕張メッセは久しぶりだったので、こんなに広いとは。。

あたり一面がガーデニング、園芸、観葉植物、ディスプレイ機器、園芸資材、フラワー、ありとあらゆるプロダクトが揃っています。国籍も、日本、中国、台湾、欧米、アフリカの方々など様々です。

開催は10月12日~14日の10時~18時までとなっていたので、初日の3時位に到着したのですが、早足でギリギリ回りきれたかどうかといった感じでした。

展示会自体、実は訪問するのが初めてだったので、グリーン・フラワーに関係なく純粋に楽しんでしまいました。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bcexpoifex201610_6 フラワーEXPOIFEX201610_1 フラワーEXPOIFEX201610_6

さすが日本最大の花の展示会。

全国各地の生花店、量販店、卸売業者様、生産者などの花業界関係者だけでなく、ホテル・ブライダル関係者、百貨店、インテリア用品店などがこられていたようです。

フラワーEXPOIFEX201610_4 フラワーEXPOIFEX201610_2 フラワーEXPOIFEX201610_3

parrot社のflower potや最近流行りの多肉植物の寄せ植え、かわいらしいポットなど飽きることがないほどの展示で、充実した訪問になりました。

今度も積極的に弊社のグリーンレンタルにハイセンスなプロダクトを取り入れていこうと思います。

初心者でもわかる観葉植物の育て方のコツ|パキラの巻

パキラの基礎知識ブログ用_パキラ

観葉植物を買ったことや育てたことがない方でも、「パキラ」と言えば、名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか?

そう、あのパキラです。比較的育てるのが簡単な上に、むくむくと成長するので、育てている実感が沸く品種の1つともいえます。

 

パキラはパンヤ科パンヤ属の植物でカイエンナッツと呼ばれることもありますが、実はパキラの実は食利用されていたことがあるのです(ただし、現在は毒素も確認されており、食用禁止となっている国もあるので、食べないでくださいね)。

鉢植えだと大きさにも限度がありますが、自生している場所だと高さ20mにまで成長する高木です。お店に置かれている一般的なパキラは苗を編みこんだ株や、幹の基部がふくらんだ株をミニ観葉にした株が多くみられます。

 

どうやって手に入れるの?

パキラはあまりにも有名な植物なので、いろいろな場所で見たことがあるかもしれません。特に大型ホームセンターに行けば、必ずといってよいほど、パキラが置いてあります。大きさは手のひらサイズのものから人間の背丈位のものまでいろいろですね。

 

育てるのが簡単ってホント?ブログ用_パキラ2

まずパキラは寒さに比較的強いとされていますが、7度位は保ってあげないと枯れてしまうおそれがあります。乾燥気味に管理すると、やや寒さには強くなりますが、それでも5度程度まででしょう。室内ならなら冬越しは簡単ですが、それでも夜に冷える場所などは地域によっては避けた方が無難です。

一方で、暑さと暗さには強い観葉植物とされているので、比較的日陰にも強いのですが、だからといって光が足りないと枝がだらしなく伸びてしまったり、弱弱しく葉が育ってしまうので注意しましょう。

出来たら夏はレース越しの日光があたる場所が最適ですが、直射日光が差し込む場所でも徐々に慣らせば葉焼けは起こしにくくなります(ただし斑入り品種を除く)。

 

水やりはどうすればいいの?

パキラの場合、一般的な観葉植物の水やりと同様で、土が乾いたら鉢から水がしみ出るくらいまでたっぷりと水をやるのが基本です。鉢皿に貯まった水はちゃんと捨てましょう。多少水やりを多めにしても失敗して枯れてしまうことは少ないのですが、乾燥にも強いのでむしろ乾かし気味にする方がよいといえます。

なので、年間を通して鉢土の表面が乾いてきたら水を与えれば十分でしょう。

 

肥料は必要?

大きな株にしたい場合、あたたくなってくる夏から2~3ヶ月ごとに肥料を与えるのもありですが、もともと成長が早いので必要不可欠ではありません。

生長がとても早く、鉢の中が根づまりしてしまった場合は下葉が落ちたりすることがありますが、そんなときは葉がなくなってしまった枝を切り戻すと新しく新芽が出てきます。

 

いかがでしたでしょうか?

パキラは比較的植物を育てるのが苦手な人でも育てやすい植物なので、是非まずは一度トライしてみてください!

グリーン設置事例紹介:ショールーム@千葉県

本日は大規模なグリーンレンタル設置事例をご紹介します。

千葉県にあるホンダカーズ様の大型ショールームにて、様々な観葉植物を活用したケースになります。

今回はデザインや植物の種類もフルパッケージで弊社にお任せいただいたため、普段ではあまり目にしないちょっと珍しい大型の観葉植物なども取り入れ、ハロウィンイベントに向けた空間作りにご協力させていただきました。

また、デスクの邪魔にならないように、普段活用していない植物用のフレームを利用したり、プレゼント用の植物をお届けしたりと、グリーンレンタルに携わる企業として非常にやりがいのあるケースとなりました。

グリーンレンタル事例_ショールーム4 グリーンレンタル事例_ショールーム3
グリーンレンタル事例_ショールーム グリーンレンタル事例_ショールーム2

ショールームでの観葉植物のご活用はGOOD GREENにお任せください!

グリーン設置事例紹介:美容院@板橋

本日のグリーンレンタル設置事例紹介は、東京都板橋区にある新しくオープンした美容院になります。

今回は通常の屋内型の観葉植物レンタルとは違って、エントランス(屋外)用の植物をご用意させて頂きました。

二本の植物の名前は、どちらも寒さに強いシマトネリコとオリーブの木です。

やっぱりお店のデザインがいいと、グリーンの見栄えもいつもより良くなりますね!

美容院・サロン・スパのグリーンレンタルはGOOD GREENにお任せください!

PJ_美容院の観葉植物_2_エントランスの観葉植物

グリーン設置事例紹介:IT企業オフィス@目黒

GOOD GREENの観葉植物レンタルをご利用頂いているIT企業様より、素敵なオフィスグリーンの写真を送って頂いたのでご紹介させて頂きます。

オフィスの観葉植物
ユッカ_観葉植物設置事例 オーガスタ_観葉植物設置事例

今回ご利用いただいた観葉植物は(1)ユッカ:青年の樹(2)オーガスタ、の2種類です。

日光の良く入る素敵なオフィスで、グリーンの生育にとっても最適な環境でした。今後の成長が楽しみです。

オフィスのグリーンレンタルはGOOD GREENにお任せください!

植物用水分計”Sustee(サスティー)”について

誰でも簡単に水やりが出来る植物用水分計

今日はちょっと弊社が活用しているプロダクト”Sustee(サスティー)”のご紹介です。

サスティー

ペンシル型のかわいいデザイン、これ実は水分計なんです。

植物は”水やり3年”などともいわれますが、家庭で植物を育てる方なんかはさすがに3年も待てないですよね。そんな皆様におススメするのがサスティーです。

そして、なんとこちらのプロダクト、グッドデザイン賞やレッドドット賞も受賞しているんです。プロダクトデザイナー・中林 鉄太郎氏のデザインディレクションのもとに研究を繰り返して完成した素晴らしい製品で、GOOD GREENもすぐに気に入ってしまい、業務提携をして導入することにしました。

サイズ別のサスティー

是非みなさんもお使いになってみてください!

生産者巡りを終えて

九州・関東に続いて東海地方を夏に回った。

今まであまり接点のなかった農家の方々とも多くふれあって色々なことを学ばせてもらったが、よく「農家ってどんなタイプの人が多いの?」という質問を受けるのに対して僕の答えは「十人十色で、どこの業界もある意味同じ」って感じかもしれない。僕が今まで働いてきた監査法人、投資銀行、コンサルティングファーム、ベンチャー企業でも本当に色々なタイプの方がいたし、ビジネスに対してアグレッシブな人もディフェンシブな人も本当に様々で、まあそもそもどちらも多くの人数がいる中でそれらを無理やりカテゴライズする方が無理あるよねって話で。

とりわけ2代目、3代目の若い方々は創意工夫を考えている人は多かったイメージだ。とりわけマーケティングについてそこは感じた。どうしても生産と消費のサプライチェーンが複雑化すればするほど、そこでの情報は断絶されやすく、でもそれだとプロダクトアウトになってしまうので、そこをどうにかしたいという強い思いを感じた。

最近ではアグリテックなんて言葉も市民権を得てきたけど、もっとその辺りに関心を持つ人が増えれば、業界にも新しい風が吹くのかもしれない。

GOOD GREENの目指すところ

サービス開始から1か月が経ったので、初心忘れるべからずということで”なぜGOOD GREENを始めたのか”、”GOOD GREENはどこに向かうのか”を明確にしておこうと思う。

以下、事業計画の抜粋。

 

社員の会社に対する満足度は今後ますます重要になる

  • 昨今では少子高齢化で社員獲得が困難化してきている
  • 採用コストは昨今ますます上昇しており、企業の負担になっている
  • こうした中、採用(IN)だけに注力するのではなく、採用した社員の満足度向上など既存社員の雇用維持・生産性向上(OUT)にも関心が移ってきている

人件費よりも福利厚生インフラを充実させるべき

  • 社員に対する給与額の上乗せなどで一時的に企業につなぎとめることは可能だが、それだけでは人件費率が高まる一方
  • 人間の性質的に金銭的な効果は長続きするものではない
  • それよりも福利厚生的なインフラを整える方が安価で満足度に対してもROIパフォーマンスがよい
  • また、エンジニアなどクリエイティブ職種が増加しており、今まで以上にオフィスや施設の環境(働きやすいデザイン)が重視されてきている

人件費(営業・配送コスト)を圧縮すれば福利厚生サービスはもっと安くなって浸透しやすくなる

  • 既存の福利厚生サービスは高価であり、中小企業に浸透するまでの価格にはなっていない
  • 一般的に利用される福利厚生サービスの価格を押し上げているのは人件費(営業・配送コスト)であり、これらを一括して圧縮している企業はほぼ皆無

 

まあ、起業1か月で初心忘れるわけないですよね。。。